目立たないインビザライン

  • ホーム
  • 目立たないインビザライン

金属の器具で治療することが懸念点だった方に

矯正治療と言えば、まず多くの人がイメージするのが、歯に装着された銀色の矯正器具です。様々な症例の歯列を適切に並べるのに、頑丈なブラケットとワイヤーは最適です。しかし、症例によっては別の方法でも充分に歯列矯正治療が可能です。それが、当院で取り扱っている、マウスピース型矯正器具「インビザライン」です。

長年、矯正治療がしたいけど、器具を付けることがためらわれ、治療に至らなかった方もいらっしゃることでしょう。インビザラインを付ければ、 目立つこともなく同じように適切な歯列を治療することが出来ます。

付けたままでも人に気付かれにくい

マウスピースには、歯ぎしりを防ぐためのものやスポーツ用のものなどもあります。そのため、マウスピース矯正と聞くと、見た目が目立ったり、分厚いものを想像される方もいるかもしれません。

しかし、マウスピース型矯正器具「インビザライン」は透明で薄く作られています。そのため、 付けたまま人と話してもワイヤー矯正のようには目立ちません。付けているか分からないため、安心して装着していられます。

口を開けても目立たない

口を開けたときに人の視線を感じると、自分の口元を意識してしまうことがあります。そうすると、手で口を隠したり、見られないように不自然な表情を作ったりしてしまうでしょう。

しかし、歯列矯正をする代わりに、快適なコミュニケーションを犠牲にする必要はありません。インビザラインで矯正治療を行えば、従来の銀色のワイヤー矯正のように、口の中で目立つことはありません。

よく見たときに初めて、マウスピースを付けていることが分かる程度です。そのため、日常のコミュニケーションにとって、あまり負担にならずに治療が行えます。

人前に出る仕事の方も安心

接客のお仕事をされている方や大勢の人前に立つお仕事をされている方は、お口に極力目立つものは装着したくないことでしょう。付けたままでも人に気付かれにくいインビザラインなら、まさにそんな方に最適な矯正器具です。

インビザラインが選ばれる4つの理由

透明で目立たない

矯正治療を受ける患者様にとっては、銀色のワイヤーやブラケットが目立つことが懸念点でした。マウスピース矯正であれば、装着していても目立たず、コミュニケーションの妨げになりません。インビザラインは食事の際は外しますが、後は普通に会話ができ、喋りやすく、痛みがほとんどないマウスピース矯正ですので、日常を犠牲にせずに治療が可能です。

装置装着時の違和感が少ない

インビザラインは1つのマウスピースで歯を移動させる距離が短くなっていて、それを小まめに交換することで歯を動かしていきます。そのため、ワイヤー矯正のように大きな力が歯にかかることがありません。装着した日からしばらくは、歯を動かすため引っ張られる感覚があります。しかし、ワイヤー矯正のように、食べ物も食べられないほどの痛みは起こらないでしょう。そして、この感覚は数日で和らぎます。

取り外し可能でお口が衛生的

歯は食べ物を噛み、消化を助ける臓器です。そのため、装置を装着すると、食事の際に食べ物が挟まることがよく起こります。それによって、ブラッシングに時間がかかったり、磨き残しのリスクが高まったりします。インビザラインなら、食事の際はマウスピースを外すことができます。食事をおいしく頂いた後は、しっかりと歯を磨いてからマウスピースを付けましょう。

金属アレルギーの人でも安心

金属アレルギーがあると、イオン化傾向の高い金属を身に着けたり、口腔内の治療に用いることができません。歯科治療においては、金銀パラジウム合金(銀歯)やワイヤー矯正が適応できません。インビザラインのマウスピースであれば、金属を使用しておりませんので、アレルギーの心配がございません。そのため、安心してお使いいただけます。

インビザライン治療を検討している患者様へ

様々なアライナー矯正が世の中に出てきています。それぞれアライナー矯正装置は患者さんから見ると何が違うのか?どれが良いのか?など判断が難しくなっていることと思います。当院が利用しているインビザラインを中心に各社アライナーを活用した矯正治療を出しています。これは皆様もご存じの通り、ワイヤーを活用した矯正からアライナー矯正へとシフトしています。
これまではアライナー治療の治療ケースが少ないことにより、情報量が少なく、治療におけるエビデンスがかなり揃ってきています。そういった意味では患者さんにとっても、医院にとっても良いことが多く、当院でも2017年から大人の矯正を中心にインビザラインを中心にした矯正にシフトしてきました。導入以来、500件近くの患者さんを担当させて頂き、様々な症例をケースを経験してきました。


インビザラインを当院が選択した理由

その際、当院が選択したのがアラインテクノロジー社の「インビザライン」です。インビザラインを選択した理由は多く3つです。

  • 海外を中心としてアライナー矯正の一番手であること
  • アライナー矯正の肝であるデータ数を大量に持っていること
  • そのデータは後発の企業では到底到達することができないこと

マウスピースを使ったアライナー矯正は、患者さんの口腔内を専用の器材などでスキャンを行いそのデータを基に作られます。そのため、極論スキャンさえできてしまえば、どのメーカーでもどのクリニックでも同じ仕上がりになりそうですが、実はそれは全くもって違います。スキャンされたデータは専門の技工士とクリニックのドクターによって、様々設計やディスカッションを行い設計をされており、その点でインビザラインは多くのデータから最適な治療計画を導き出すことができるわけです。

また、クリニック側でも差が出てくることがあります。上記にも記載しましたが「ドクターの診査診断能力」です。これは一朝一夕で着くものではなく、ワイヤー矯正などの幅広い矯正治療の知見や経験を有するドクターであることや、インビザラインなどのアライナー矯正の経験数によるものが多く、「インビザラインだから安心!」「誰でも可能!」などキャッチフレーズが一人歩きしてしまうことには、同じ歯科業界の人間としては一抹の不安を覚えます。もちろん、私たち静間歯科医院でもすべての患者さんの口腔内を綺麗に、そして最適にすることはできません。しかしながら、これまでの知見や経験、そして、膨大なデータ量も駆使して、一人でも多くの患者さんを対応したいと考えております。

インビザラインであってもクリニックによって値段が異なる理由

よく質問を受けるのが「なぜ医院よって値段が違うのか?」ということです。実は、当院メイン治療であるインビザラインについてはどの医院でも「製造原価」はほぼ同じです。そのため、価格設定は各クリニックに委ねられており、100万を超えるところもあれば、リーズナブルに提供しているクリニックもあります。当院では、インビザライン導入以来、多くの患者さん、特にこれまで矯正を検討していたけど経済的な理由で矯正治療を諦めていた患者さんにために、価格を50万円台に抑えて提供してきました。そのため、患者さんからは「インビザラインではない矯正でやるのですか?」という質問を頂くこともあるのですが、当院ではアラインテクノロジー社の製造する正規なインビザラインを使用したマウスピース矯正を行っております。

アラインテクノロジー社が定める"ダイヤモンド”に!

2020年度はアラインテクノロジー社より様々な矯正症例を行った歯科医師に贈られるダイヤモンドを頂くことができました。これにより、精度の高い矯正装置の作成ができるようになり、設計等のクオリティだけではなく、患者さんにお口に入れることができるまでの期間も短縮できるようになります。

当院のスタッフも自らインビザラインを実施!治療完了!

当院のスタッフ3名もインビザラインを実施して、矯正治療が完了しました。術後も問題なく、保定装置を使用しております。ぜひ当院にお越しの際には、ぜひその歯並びをご確認ください。

知って得する!マウスピース矯正・インビザライン情報をお届け!

お問い合わせ

  • 美しく健康な歯で人生を豊かに!静間歯科医院運営 見えない矯正・マウスピース矯正相談室 受付は診療時間の15分前までにお済ませください
  • 静間歯科医院監修 〒475-0921 愛知県半田市天神町51-10

  • CONTACT
  • ACCESS

【診療時間】9時〜12時 / 14時〜20時 ※土曜は〜19時【休診】木曜午後・日曜・祝祭日

当院について

見えない矯正・マウスピース矯正相談室
(静間歯科医院監修)

〒475-0921 愛知県半田市天神町51-10
TEL 0569-21-0066 / FAX 0569-21-0066

【休診日】 木曜午後・日曜・祝祭日 ▲ 土曜は 19:00 まで

  • アクセス
  • 当院について
他院で断られた患者さんへ LINEで歯並び相談