知っておきたいメリット&デメリット

  • ホーム
  • 知っておきたいメリット&デメリット

目立ちにくく、取り外し可能

インビザラインは、透明に近いマウスピース型を用いて歯並びを矯正する方法です。お一人おひとりの歯列に合わせて作成される矯正装置を付け、徐々に新しい装置に交換しながら歯を動かし、歯並びを矯正します。マウスピース型であるため、食事や歯磨きの際には取り外すことが出来ます。そのため、装置に食べ物が詰まる心配や食事制限をする必要がありません。

マウスピース矯正は患者様ご自身で交換していただく必要があるので、自己管理が求められます。取り外しが可能であることの代わりではありますが、きちんと装着の時間や交換の時期を守りましょう。インビザラインは金属を使用しないため、従来の金属ライナーのようにお口の中を傷つけることがほとんどありません。また、段階的に歯を動かしていくため、従来の矯正方法よりも痛みが少ないのも特徴です。

メリット

目立ちにくい

クリアで薄いマウスピースであるため、目立ちにくいです。

取り外し可能

食事や歯磨きの際は取り外すことが出来ます。

金属アレルギーの心配がない

金属ワイヤーの適応が出来ない人にもご利用いただけます。

緊急性のあるトラブルが少ない

ブラケットが外れるなどの事故が少ないです。

使用できる症例に限りがあります

インビザラインは痛みが少なく、目立たないという画期的な矯正治療法です。症状としては、叢生(前後にガタガタに生えた歯)を治すことを一番得意としています。

しかし、全ての症状において、必ず目的の歯列に治せるわけではありません。歯のがたつきの強く、抜歯が必要な症例、上下の顎の位置が前後または左右にズレがある症例などはインビザラインによる治療は難しいと言えます。また、マウスピースのみで歯の根の向きを直すことは困難であるため、根の向きが垂直でない場合も治療が適応できない可能性があります。

ワイヤー矯正のように固定されているのではなく、脱着可能であることは便利です。しかし、その反面、自分で装着時間を管理する必要があるということでもあります。決まった期間の後、次のマウスピースに変えていくことを忘れずに行いましょう。きちんと規定を守れば快適な養成治療が可能です。

デメリット

使用出来る症例に限界がある

抜歯が必要な重度の叢生や顎のズレがある場合は、マウスピース矯正では治療できないことがあります。

自己管理が必要

毎日一定時間数以上マウスピースを装着し、時期によって交換する必要があるため、自己管理が求められます。

知って得する!マウスピース矯正・インビザライン情報をお届け!

お問い合わせ

  • 美しく健康な歯で人生を豊かに!静間歯科医院運営 見えない矯正・マウスピース矯正相談室 受付は診療時間の15分前までにお済ませください
  • 静間歯科医院監修 〒475-0921 愛知県半田市天神町51-10

  • CONTACT
  • ACCESS

【診療時間】9時〜12時 / 14時〜20時 ※土曜は〜19時【休診】木曜午後・日曜・祝祭日

当院について

見えない矯正・マウスピース矯正相談室
(静間歯科医院監修)

〒475-0921 愛知県半田市天神町51-10
TEL 0569-21-0066 / FAX 0569-21-0066

【休診日】 木曜午後・日曜・祝祭日 ▲ 土曜は 19:00 まで

  • アクセス
  • 当院について
友達登録追加